Uiの優れたcms

Word pressは世界的にも圧倒的なシェアを誇っており無料でかつブログ形式で使うことができます。サイトの制作が簡単にできるため個人から企業のサイトまで幅広く注目されています。定型的なレイアウトに文字の入力や画像の貼り付けで簡単にサイトの制作、更新ができるのがWord pressの人気の一つです。海外のメジャーなサイトでも利用されているのがDrupalです。フリーで利用できるcmsの一つで専門的な技術をもたないでも簡単にサイトの構築、運用が行えます。機能の拡張性が高く管理機能や各種設定は非常に豊富に行えます。デザイン性の自由度も高く細かいデザインのカスタマイズもできるのでデザイン性の高いサイトの構築も可能です。

Movable Typeはアメリカのベンチャー企業が開発したサーバーインストール型cmsです。レンタル型のcmsより自由度は高くいろいろなことを試したりして実現できるが特徴です。ブログ形式で文字入力や写真の貼り付けができサイトの作成、更新ができます。メーカには公式サポートが受けられて使い方やトラブルの時には心強いサポートになります。

そのほかにも豊富なデザインのテンプレートがあるJoomla、本格的コミュニケーションサイトが構築できるXoops、サイト全体の管理がしやすいMODxなどがUIに優れた代表的なcmsです。高機能で多機能なcmsもたくさんありUIに優れたものもたくさんありますが、機能があるからといって本当に必要なものなのかはよく検討する必要があります。運営のためにどれくらいの時間と予算をかけられるのか、サイトの運営に関われる人は誰なのか、開設後はどのようなコンテンツを配信するのかをよく見定めて目的に合ったcmsとUIの優れたサイトを制作することです。

cmsを使う目的

ただ単に機能が多くて便利というだけでcmsの導入を決めるのではなく導入することで具体的に課題や問題を解決できるものでなければなりません。そもそもcmsの導入が目的になっていないかということをよく確認しなければなりません。まずcmsを導入することで何がしたいのかです。導入の前に頻繁に更新するところがどこなのかを見極める必要があります。また、cmsの導入で何を達成したいのかです。システムを導入することと効率化はイコールではありません。システムの導入の発端となった理由が何であり何が必要なのかになります。

そしてcmsを導入しなくても解決できる課題はないかを把握しなければなりません。さらには誰がどれくらいのリリースをサイト運営に割けるのかという点です。サイトを良いものに育てるためにはお金と時間をかける必要があります。またコンテンツの更新はできる限り社内で済ませたいものです。社内のリリースで可能なサイト管理ができる仕組み作りが必要にもなります。cmsを導入するにあたっての課題や問題を解決していくポイントとしてもう一つはわかりやすいUIを使っているということです。

注目のcmsや人気のcmsはわかりやすいUIとオープンソースがあることが多いのです。分かりやすUIを使ったcmsにはどのようなものがあるのかを見ていきたいと思います。UIとはユーザーインターフェイスのことで接点、接触面という意味です。ユーザーが目にするものということですから見やすいものであるとか分かりやすいものということがポイントになります。つまりwebサイトの制作においては追求していかなければならない部分がUIでもあります。数あるcmsの中でも人気のあるcmsはUI性にも優れている点が多くあります。その代表的なのがWord pressです。

cmsの特徴

企業や会社が公開しているwebサイトによって会社のイメージが決まります。つまりwebサイトは各企業、会社の顔でもあるのです。そのサイトを更新し管理をするのに導入されるのがcmsです。そのcmsも今や多くの機能を要しており、今のcmsではできないことを見つけるのが困難なくらい何でもできるシステムになっています。機能が豊富で便利だからといって闇雲にcmsを導入したところで活用されないシステムであったり、システムがあることによって煩雑になる作業が増えることもあるのです。

cmsを導入する目的は成果をあげる作業の効率化です。サイトの運営で成果につながり運営も効率的にできるものでなければ意味がありません。そのためにはcmsの特徴を把握する必要があります。

一般的に多く使われているものには汎用性が広く多機能なcmsです。基本操作が簡単な上にテンプレートが用意されていたり、自由にカスタマイズできたり拡張機能が付いていたりしています。ただし機能が多すぎることからメンテナンス、運営、ワークフローなど導入の前からしっかりした設計がないと複雑で扱いにくいcmsとなってしまいます。

これとは反対に特定の目的に特化したcms(Micro cms)も活用することもできます。ブログのニュースサイトの機能に特化してシンプルな手順で投稿できたり、ドラッグ&ドロップで作れるものであったり、ECサイトに必要な機能が作り込まれているcmsなどがあります。また、cmsは外国製のものがほとんどですが最近は日本発の日本人のための国産cmsなども増えてきています。行政機関向けcmsもリリースされています。