cmsの特徴

企業や会社が公開しているwebサイトによって会社のイメージが決まります。つまりwebサイトは各企業、会社の顔でもあるのです。そのサイトを更新し管理をするのに導入されるのがcmsです。そのcmsも今や多くの機能を要しており、今のcmsではできないことを見つけるのが困難なくらい何でもできるシステムになっています。機能が豊富で便利だからといって闇雲にcmsを導入したところで活用されないシステムであったり、システムがあることによって煩雑になる作業が増えることもあるのです。

cmsを導入する目的は成果をあげる作業の効率化です。サイトの運営で成果につながり運営も効率的にできるものでなければ意味がありません。そのためにはcmsの特徴を把握する必要があります。

一般的に多く使われているものには汎用性が広く多機能なcmsです。基本操作が簡単な上にテンプレートが用意されていたり、自由にカスタマイズできたり拡張機能が付いていたりしています。ただし機能が多すぎることからメンテナンス、運営、ワークフローなど導入の前からしっかりした設計がないと複雑で扱いにくいcmsとなってしまいます。

これとは反対に特定の目的に特化したcms(Micro cms)も活用することもできます。ブログのニュースサイトの機能に特化してシンプルな手順で投稿できたり、ドラッグ&ドロップで作れるものであったり、ECサイトに必要な機能が作り込まれているcmsなどがあります。また、cmsは外国製のものがほとんどですが最近は日本発の日本人のための国産cmsなども増えてきています。行政機関向けcmsもリリースされています。