cmsを使う目的

ただ単に機能が多くて便利というだけでcmsの導入を決めるのではなく導入することで具体的に課題や問題を解決できるものでなければなりません。そもそもcmsの導入が目的になっていないかということをよく確認しなければなりません。まずcmsを導入することで何がしたいのかです。導入の前に頻繁に更新するところがどこなのかを見極める必要があります。また、cmsの導入で何を達成したいのかです。システムを導入することと効率化はイコールではありません。システムの導入の発端となった理由が何であり何が必要なのかになります。

そしてcmsを導入しなくても解決できる課題はないかを把握しなければなりません。さらには誰がどれくらいのリリースをサイト運営に割けるのかという点です。サイトを良いものに育てるためにはお金と時間をかける必要があります。またコンテンツの更新はできる限り社内で済ませたいものです。社内のリリースで可能なサイト管理ができる仕組み作りが必要にもなります。cmsを導入するにあたっての課題や問題を解決していくポイントとしてもう一つはわかりやすいUIを使っているということです。

注目のcmsや人気のcmsはわかりやすいUIとオープンソースがあることが多いのです。分かりやすUIを使ったcmsにはどのようなものがあるのかを見ていきたいと思います。UIとはユーザーインターフェイスのことで接点、接触面という意味です。ユーザーが目にするものということですから見やすいものであるとか分かりやすいものということがポイントになります。つまりwebサイトの制作においては追求していかなければならない部分がUIでもあります。数あるcmsの中でも人気のあるcmsはUI性にも優れている点が多くあります。その代表的なのがWord pressです。